ミカルディスはアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)という種類の降圧剤です。
ミカルディスは主成分であるテルミサルタンの力によって人間の体に存在するアンジオテンシンIIという物質をブロックします。

これが血圧を下げる効果に繋がります。
血圧を下げる薬には様々なものがありますが、ミカルディスには高血圧改善以外にも多くの効果があるので、よく使用されています。

その1つの効果が臓器保護作用です。
血圧が高い状態が続くと臓器に負担がかかります。

最も分かりやすいのは心臓です。
血圧とはつまり血液を押し出す力なので、高血圧の方はその分心臓が血液を強く押し出すということになります。
また、血液から尿を作る役割を担っている腎臓にも大きな負荷がかかります。

ミカルディスにはこれらの臓器を保護する作用があるので優秀な薬と言えます。
腎機能障害の改善にも期待できます。
加えて作用時間が長いのも特徴です。

1回の服用で24時間持続的に効果を発揮します。
糖尿病を改善させるとも言われており、メリットをいくつも持ち合わせています。
瞬間的に血圧を下げる薬もありますが、ミカルディスならば長い時間にわたって血圧を下げてくれるので体の負担は小さいと言えます。
主成分のテルミサルタンなどは胆汁から排泄されます。

これほど優秀な薬ですがやはり副作用がないわけではありません。
逆に主要な効果が多いほど、副作用の数が増えるのが一般的な薬とも言えます。
ミカルディスの副作用としては低血圧になることが挙げられます。

高血圧を改善するための薬なので、血圧を下げるのは当たり前とも言えますが、人間の体は低血圧になると全身に酸素が行き渡りづらくなります。
高血圧の方が血圧の高さを相殺するために服用するのは問題ありませんが、もし通常の血圧の方が服用するとめまいやふらつきなどの症状が強く現れます。
そのため、血圧が高くない方が間違って飲まないように取り扱いには注意が必要です。

ミカルディスの入手について

ミカルディスは通販サイトから入手できます。
効果や副作用をよく知った上でご使用して下さい。
ミカルディスプラスの入手はこちら

ミカルディスに重篤な副作用はあるのか?

ミカルディスの副作用は低血圧、めまい、頭痛などが多く、それほど重篤な副作用はありません。
いずれも血圧が低くなり、酸素の供給量が減ることで発生する症状です。
つまり、これらの症状が発生するということは薬が効いているということを表します。

加えて尿酸値上昇、カリウム上昇なども引き起こします。
しかし、これらの症状はいずれも想定内であり、医師にとっては何ら驚くことではありません。
ミカルディスを始めとするアンジオテンシンII受容体拮抗薬は基本的に安全性が高く、安心して服用することができます。

ただし、この薬を服用する方が別の病を患っていた場合は、重篤な症状を引き起こす恐れもあります。
それは血管浮腫、高カリウム血症、腎機能障害、アナフィラキシーなどです。

これらの症状は以前から患者さんの身体に疾病が発生していたり、用法や用量を誤ったりした際に起こることが多いです。
つまり、しっかりと医師の診断を受けた上で1日の服用量を守れば問題はありません。

よくやってしまいがちなミスとしては薬を飲んだことを忘れて、再び飲んでしまうということです。
その際には血圧が一気に下がり、脳へと血液がしっかりと送られなくなってしまう恐れがあります。

もしそうなってしまったらすぐさま医師の診察を受ける必要があります。
軽微な副作用である頭痛も深刻化しないように注意しておくことが大切です。

ミカルディスの副作用としての頭痛は偏頭痛などと原因が大きく異なるので、市販の頭痛薬が効かない可能性もあります。
アナフィラキシーは体の免疫が過剰に反応することで起こります。
ミカルディスを処方される際には自身の持つアレルギーを医師に伝えておくことが大切です。