血圧が高いことを気にしていながら、体調に変化がないと治療を積極的に行う方は少ないようです。
血圧は血管内を血液が流れるときに掛かる圧力で、心臓の鼓動である収縮と拡散に合わせて血管に掛かるものです。
それを数値化して見やすくて、高血圧と低血圧を判別します。

高血圧は特に症状を伴わず、放置してしまいます。
ですが、血圧を改善せずに高いまま放置してしまうと、動脈硬化症や狭心症・心筋梗塞のリスクも高くしてしまうのです。
そこで治療で主流となる西洋の血圧硬化剤は、高血圧を治療してくれる薬ではありません。

そして、血圧を改善する漢方薬は血圧そのものを下げる薬ではありません。
東洋医学では高血圧という考えがなく、血圧を数値でみません。
血圧が高くなるのは脈の強さや全身の状態から、血液の流れが滞っておこる症状であり、血圧が上がる原因を改善することで効果を発揮していきます。

漢方薬には適性があり、実証・中間証・虚証というタイプがあり、効果を得るには自分に合う正しい証を見つける必要があります。
釣藤散は高血圧ぎみで、頭痛や肩こり・めまいなどを伴う症状の改善に効果があります。

黄連解毒湯はのぼせや二日酔いめまい、動悸・更年期障害などに効果がある漢方薬です。
黄連解毒湯を服用できるのは、体力が普通の方で顔が赤くのぼせ気味、そしてイライラと落ち着きがない傾向の方に向いています。

柴胡加竜骨牡蛎湯は体力が普通にあり動悸や不眠など、高血圧に付随しておこる症状と、更年期神経症などの方に処方される漢方薬です。
大柴胡湯は体格が良く、体力のある実証タイプの方に効果がある漢方薬です。
さらに、高血圧と肥満を抱え、便秘気味であることが大柴胡湯を服用する条件となります。

防風通聖散は大柴胡湯と同様に、体力のある方が服用する漢方薬です。
肥満があり、のぼせや便秘・むくみなどの症状を伴っていることも処方の条件に加わります。
そして、漢方薬は問題が解決したとしても、しばらく飲み続けることが一般的です。

副作用に気を付けよう!漢方薬でも起こりえる!

西洋の薬よりも副作用が少ないといわれる漢方薬ですが、正確には漢方薬にも副作用が現れます。
副作用というのは、病気の予防や改善に必要な効果以外の、好ましくない効果を指しています。
特にアレルギー体質の方やすでに肝臓や腎臓に疾患がある方、高齢者やいくつもの薬を服用している方などは注意が必要です。

副作用という言葉には2つの意味があり、「予想外の効果が現われる」場合と、「予想以上に薬の効果が強く出て仕舞う」場合になります。
血圧の漢方薬で現れやすい副作用には、動悸や顔面紅潮、頭痛・空咳・光線過敏症・女性化乳房・頻脈・頭重・倦怠感・脱力感・眠気・不眠・ほてり・味覚障害・食欲不振・吐き気・皮膚や白目が黄色く変色する(肝機能障害や黄疸)・足のむくみと歯肉の腫れ等などが挙げられます。

釣藤散の副作用には発疹・赤味・食欲不振と胃部の不快感が現れることがあるようです。
柴胡加竜骨牡蛎湯では間質性肺炎や肝機能障害など、重篤な副作用が見られます。

黄連解毒湯の副作用には、間質性肺炎と肝機能障害に加えて、腸間膜静脈降下症があります。
腸間膜静脈硬化症は60歳以上の女性に多く見られ、回盲部から横行結腸までが最も成り易い場所となっています。

他にもS状結腸や直腸まで広がっている場合もあるようです。
防風通聖散の副作用では、マオウという生薬が交感神経に影響して血圧が高くなったり、カンゾウが体質に合わないことで長期間服用すると稀にではありますが、血圧が高くなる症例も報告されています。

大柴胡湯の副作用には発疹や赤みなどの皮膚症状のほかに、下痢や腹痛消化器症状と間質性肺炎や、肝機能障害など全身に見られますので注意が必要です。
副作用を予防するためにも、身体の状態を注意深く観察する必要があります。