ヒートショックとは、急激な温度差によって血圧が一気に変動し、それにより脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞などを引き起こすことです。
最悪の場合、死に至ることがあります。

冬場に起こる家庭内の事故として多く報告されています。
日本の家庭では、リビングは暖かくしているものの、廊下や脱衣所、浴室やトイレなどは暖めず冷え切っているということは珍しくありません。
すると、入浴時は暖かいリビングから冷えた浴室や脱衣所に入ることになり、また入浴後には寒い脱衣所に出ることになります。
このとき、急激な気温差が体に大きな負担をかけ、ヒートショックを起こすことになります。

例えば、寒い脱衣所で服を脱ぐと、急激に体が冷え、血圧が急上昇します。
これが脳梗塞や心筋梗塞、脳卒中を起こす原因となります。
また冷えた体で浴室に入り、湯に浸かると、今度は血圧が急激に低下します。
この急激な変化で浴槽の中で失神し、そのまま溺死するケースが見られます。

65歳以上の高齢者や、高血圧、糖尿病、脂質異常症などがある人がヒートショックを起こしやすいと言われています。
肥満気味の人、不整脈がある人も注意が必要です。
家庭内で該当する家族がいれば、入浴中に声掛けをするなど少し気にかけた方がいいでしょう。

冬場は、暖かいリビングと冷えた浴室では、気温差は10度以上にもなることがあります。
この気温差をなくすことが、ヒートショックの予防につながります。
脱衣所やトイレに暖房器具を設置したり、浴室をリフォームして断熱性能をあげたり、暖房装置を設置したりするといいでしょう。

また、お湯を張る際は、シャワーを活用すると、浴室全体が温まると言われています。
あまり寒くない、早い時間帯に入浴するのも一つの手です。
入浴するときは一気に体を沈めたりせず、足先からゆっくりと入り、ゆっくりと浸かるようにしましょう。
出るときも、一気に立ち上がらず、徐々に立つようにします。

また、高血圧や糖尿病など、ヒートショックのリスクが高い人に限らず、飲酒後に入浴することは危険ですので控えましょう。

夏でもクーラーと外気の温度差でヒートショックに!

ヒートショックというと、冬に起こる事故だと思っている人も多いようです。
しかし、実は意外にも夏場にもしばしば発生しています。

夏場にヒートショックが起こりやすいのは、炎天下を歩いていて、冷房の効いた室内に入った時です。
夏場は多くの商業施設で冷房をかなり効かせているものです。
暑い中を歩いてきて、カフェに立ち寄ったら、冷房が効きすぎて寒いほどだったということはよくあります。
そういった外と室内の温度差が激しいときに、ヒートショックが起こりやすくなります。

温度差が大きいときに起こるため、冷房の効いた部屋で長く過ごし、その後に炎天下に出た際にも起こることがあります。
冷房の効いた部屋にいるときに、あまり体を冷やしすぎないことが大切です。

これを防ぐためには、できるだけ気温の変化による体の負担をなくすことが大切です。
自宅の冷房は必要以上に低く設定しないようにしましょう。
また、外出時には薄手の上着やショールなどを一枚持ち歩くようにして、お店など冷房の効いた場所に入る時には、それを羽織るようにするといいでしょう。

体に負担がかからない温度差はおよそ5度と言われています。
炎天下の夏に、室内と外との気温差を5度以内にするのは大変ですが、できる範囲で服装などで調節するよう心がけましょう。
可能ならばあまり暑い時間帯の外出は控えるようにしましょう。

また、暑い外から帰ってきて、汗を流すために冷水のシャワーを浴びる人がいますが、これもヒートショックを招くと言われています。
火照った体に冷水は気持ちいいものですが、いきなり頭からかぶるようなことは危険です。
ぬるめのお湯にして、心臓から遠い場所からかけていくようにしましょう。