高血圧は普段の食事で抑える!

血液が血管の中を流れる時には一定の圧力がかかります。これを血圧と呼んでいます。血圧は専用の機械で簡単に調べることができます。
病院や会社や学校などの定期検診などで一度は血圧を測ってもらったことがあるのではないでしょうか。そんな血圧が基準値よりも低い人の事を低血圧と呼んでいます。逆に基準値よりも血圧が高い人の事を高血圧と呼んでいます。血圧を測るときは最も血圧がかかった時の数値である最高血圧と最も血圧が低かった時の数値である最低血圧を計測するのですが、最高血圧が140以上で、最低血圧が90以上の場合、高血圧と判断されます。低血圧の場合はあまり問題視されませんが、高血圧の場合は様々な生活習慣病の元となるため、改善を求められることが多いです。

詳しくはこちら
高血圧の方が避けたい食べ物

高血圧の人に有効な食べ物がある一方で、逆に高血圧の人が避けておいた方が良い食べ物ももちろん存在します。一般的に高血圧の人は塩分の高い食べ物を多くとり過ぎていると言われていますが、実際に塩分が多く含まれている食べ物は高血圧の人は避けておいた方が良いでしょう。とはいえ、どうして塩分を取ると血圧が上がるかについてはその仕組みを知らない人も多いのではないでしょうか。塩分を摂取すると、血液の中のナトリウムの濃度が上昇します。

詳しくはこちら
食事で改善できなければ降圧剤

あまりひどくない高血圧の場合は普段の食生活を意識することによってかなり改善されますが、不摂生が蓄積したことによって食生活だけでは改善されないほど重度の高血圧になった場合は病院へ行って適切な治療を受けることが重要です。高血圧で病院に行ってくださいと言われたら速やかに病院へ行くようにしましょう。診断でそういわれたときはかなり重度の高血圧である可能性が高く、そのままにしておくと心筋梗塞や脳卒中などの命に関わる重大な病気になるリスクがとても高いです。病院で高血圧の診断を受けると降圧剤と呼ばれる薬が処方されることが多いです。

詳しくはこちら

関連記事一覧